【レビュー】PHILIPS 242E2FE/11 スリムデザインのフルHD23.8インチ液晶ディスプレイ

ガジェット

テレワークも定着を始めた昨今、自宅の仕事環境の快適化の需要も高まっています。

外部ディスプレイの導入は仕事の作業効率を上げる重要な要素の一つです。長時間作業をするときに大きな外部ディスプレイとノートPCの小さいディスプレイとでは疲労度は雲泥の差になります。

また、プライベート時間で動画視聴などする際も大きいディスプレイで見る方が快適です。

今回はテレワークとプライベートの両方で快適に使用できるディスプレイPHILIPS 242E2FE/11を購入したので、使用感をレビューしていきたいと思います。

スペック

製品名242E2FE/11
メーカーPHILIPS(フィリップス)
画面サイズ23.8インチ
解像度フルHD(1920×1080)
液晶パネルIPS
表面処理ノングレア(非光沢)
入力端子HDMI/DisplayPort/D-SUB
出力端子ステレオミニジャック3.5mm
スピーカーなし
サイズ:幅x高さx厚み540mm x 458mm x 187mm(最厚部)
重量3.88kg(スタンド込み)

特徴

スリムで機能的なデザイン

ベゼルが狭く表示領域が画面いっぱいに広がっています。ベゼルにメーカーロゴなどの記載もなく、スタイリッシュです。

ベゼル幅は、左右と上部が約7mm、下部が10mmとなっています。

スタンドはスクエア形状で中心がくり抜かれていて、スリムなデザインに仕上がっています。

PHILIPS 242E2FE/11スタンドは高さ調整が可能なので、自分の目線に合わせることができます。左画像が最小、右画像が最大になります。最大の状態でディスプレイ下部と地面との距離は15cmになります。

チルト機能も付いていて左画像が-5°、右画像が20°まで傾けることができます。

VESAマウント(75mm)にも対応しているので、モニターアームで使用することもできます。

発色が良く動画視聴も快適

PHILIPS 242E2FE/11は応答性能を示すMPRTが1msと小さいので、残像もなく滑らかに動画を視聴できます。液晶もIPSパネルで色鮮やかに表示してくれます。

MRPT(Moving Picture Response Time)
モニター上で実際に動画を流して残像を計測する応答性能の指標です。値が小さいほど動画応答性能が良いことを示します。
IPS(IN Plane Switching)
視野角が広く見る角度で輝度や色味の変化が少ないため、正確な色を表現できる方式です。

左画像は輝度100%で右画像は輝度0%です。写真では分かりにくいですが、100%はかなり明るくなります。画面の表面処理はノングレア(非光沢)のため、映り込みが少なくPC作業をストレスなく行えます。

表示内容の設定はディスプレイ裏にある3Dスティックボタンで操作します。

スティックを左に倒すと、プリセットモードが表示されます。カスタマイズも2パターンまで保存可能です。

【FPS】ゲーム内の暗い表現が改善されてアイテムが見つけやすくなります。
【レーシング】最速の応答時間と鮮やかな色で表示されます。
【RTS】特定のエリアをハイライトし、サイズと画像を調整できます。
【ゲーマー1、2】カスタマイズした設定を保存できます。
【ローブルーライト】ブルーライトをカットします。
【EasyRead】電子書籍に適したモノクロ表示になります。

スティックを右に倒すと、詳細な設定項目を表示します。

【Game Setting】ゲームモードを設定します。
【LowBlue Mode】ブルーライトを調整します。
【Input】入力モードを切り替えます。(スティック上で表示)
【Picture】表示画質を調整します。(スティック下で輝度調整を表示)
【Audio】音声出力を調整します。
【Color】色度を調整します。
【Language】言語を変更します。
【OSD Setting】表示の水平垂直を調整します。

ブルーライト調整機能で目の負担を軽減

PHILIPS 242E2FE/11にはブルーライト調整機能が付いていて、レベル1(最小)~4(最大)の4段階で調整ができます。

LowBulue Mode オフ
LowBlue Mode 1
LowBlue Mode 2
LowBlue Mode 4

写真では分かりにくいですが、ブルーライト調整機能をONにすると、白地の色に黄色味が掛かります。レベル1は慣れると違和感ありませんが、レベル2以降はかなり黄色味が強いので最初は慣れが必要です。

入出力端子は必要十分

PHILIPS 242E2FE/11は入力ポートが3つ(HDMI、DisplayPort、D-SUB)が揃っています。USB Type-Cはありませんが、使用に不便することはないでしょう。

ディスプレイ本体にスピーカーが無い代わりに出力ポートとしてステレオミニジャックが用意されていて、外部スピーカーかヘッドフォンを接続できます。

入力ポートにHDMIかDisplayPortで接続した場合、PHILIPS 242E2FE/11を介して外部スピーカーやヘッドフォンから音を出すことができます。

まとめ

【デザイン】4.0
【見やすさ】4.0
【色味】4.0
【調整機能】4.0
【総合評価】4.0

スリムデザインのPHILIPS 242E2FE/11は、高さやブルーライトなど好みに調整できる機能的なフルHDディスプレイです。応答性能も良く、IPSパネルとノングレア(非光沢)により、動画視聴もPC作業も快適に行えます。

特に高さ調節で目線を合わせられたことと、ブルーライト調整機能のおかげで、目が疲れにくくなりました。PCと向き合う時間が長い人にはおすすめの外部ディスプレイです。


PHILIPS 液晶ディスプレイ PCモニター 242E2FE/11 (23.8インチ/5年保証/FHD/IPS/D-sub 15,HDMI,Display Port/高さ調整/チルト/4面フレームレス/FreeSync(HDMI,DP)/ちらつき防止/ブルーライト軽減)

コメント

タイトルとURLをコピーしました